おもちゃをサブスクで利用

子供向けのおもちゃについて、サブスク形式で利用できるサービスが広がっています。サブスクとはインターネットの映像番組などでも似たようなサービスがありますので、既に知っているかもしれませんが、買うのではなくて借りることと理解すれば早いでしょう。おもちゃのサブスクでは、予め設定された1ヵ月から半年くらいのサイクルで、定期的に新しいものとの入れ替えがなされることが特徴になっています。買って所有することには当然根強い需要があるわけですが、そのような中でもこのサービスが広まってきている理由はいろいろあると考えられます。

家の中がおもちゃだらけになってしまって収納に困るというのは一つの理由になります。レンタルであれば時期が来れば返却してしまうのですから、モノが際限なく多くなってしまって収納場所に困るということがなくなります。また、子供にとって良いおもちゃを探すのは思ったほど簡単なことではありません。興味を持って欲しがるものを与え続けるのが良いとは限らず、そんなことをしてはお金も際限なく必要になってしまいますし、あれだけ欲しがって最初は良く遊んでいたものが、あっという間に飽きてしまって部屋の隅で埃をかぶったままになっているという経験を持つ人は多いはずです。

この点、サブスクの多くは子供の知育とか発育に関する専門家が、段階に応じた適切な製品を選んでいることを強調しているケースが多いですので、ある意味では自分たちには難しい判断をしてもらえると考えることもできます。

Filed under: おもちゃ, サブスク, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website